運動嫌いさんの為のおすすめエクササイズ

痩せる為にはエクササイズが必須、でも運動は苦手だし続かない。そんな人は日々の生活をエクササイズに変えてしまいましょう。

たった1つ意識をするだけで日常生活をエクササイズに変換

運動はしたいけど、なかなか続かないという人は実は沢山います。日々の生活に追われ家でできるならと買ったエクササイズのDVDもいつの間にか眠ったまま、という事も少なくありません。
勿論、ジムやスタジオに通ったり、自分で毎日何かしらの運動ができればそれに越した事はありませんし、効果を得るのも早いでしょう。

しかし、それができないから悩んでいる、自分には無理、と諦めてしまう方も多いですよね。そこで、そんな人は今の生活に少し意識をプラスしてエクササイズに変えてみてはいかがでしょうか?
そんな事ができるの?と思うかもしれませんが、日常生活の中には痩せる方法やきっかけが沢山隠れているのです。
多くの人が日々やっているであろう動きを交えながらその方法をご紹介します。大幅なダイエットにはならずとも「ちりも積もれば山となる」ので少しずつトライしていきましょう。

インナーマッスルを鍛えて代謝をアップ!

体の筋肉量が多いと代謝が上がる事は周知の事実ですが、筋トレをしなくても筋肉量は少し増やす事ができます。普段の生活の中で筋肉量を増やすには何を意識したらいいのでしょうか?
筋肉と聞くとムキムキとした二の腕や太ももがイメージされますが、代謝を上げる為にそれだけが必要という訳ではありません。

例えば、クラシックバレエを見た事がある方もない方も、バレリーナはスリムであると認識されていると思います。
高くジャンプをしたり片脚でクルクルと回ったりする為にはかなりの筋肉が必要ですが、バレリーナはボディービルダーのように外側に多くの筋肉をつけてはいません。
できるだけ外側ではなく内側、つまりインナーマッスルを鍛える事で美しい体系、表現を叶えているのです。

毎日レッスンをかかさない彼女達の真似をする事は到底できません。
しかし、ほんの少し生活の中にそのインナーマッスルを鍛える意識を加えれば、それだけでエクササイズにする事は可能なのです。
では、具体的には何をどう意識すればいいのでしょうか。

日常生活変換エクササイズの要は下腹部の内側「丹田」

まず、この日常生活変換エクササイズの要は下腹部の内側「丹田」にあります。丹田とはおへそから約5cm下、約5cm奥と言われており、気功や座禅などをやる方や呼吸法などでも意識される重要な場所です。
この丹田をなるべく長時間意識する事でまず内側の腹筋が鍛えられます。またそれに伴い、同時に背筋など他の部位の筋肉も鍛える事ができ徐々に筋肉量を増やせるのです。どう意識するのかと言うとこれは至ってシンプルで簡単です。

「下腹に軽く力を入れお腹を引っ込める」なんとこれだけです。それだけでと疑う方も多いと思いますが、では今この瞬間に下腹を引っ込めてみましょう。
1日にどの位の時間、引っ込めているか想像できるかと思います。人前に出る仕事の方は意識している時間があるかもしれませんが、かなりの人が意識している時間は相当短い、もしくはほとんどないでしょう。
その意識を普段の生活に取り入れるだけで徐々に体は変わっていくのです。

まずは短時間でOK!忘れずに意識する習慣をつけましょう。

自分がほとんど丹田となる場所を意識して生活していない事はわかった、だけど今までやっていなかったのですぐに忘れてしまいそう、という方も多いでしょう。
まずは、短時間でいいのでいつ意識するか決めて取り組んでみましょう。

例えば「歯を磨いている時」「食器洗いをしている時」などからで構いません。歯磨き中だけでも意識してみると自分がいかに腹筋を使わずに生活しているのかがわかります。座っていても立っていてもできるので誰でも取り入れる時間は見つけられます。

次に「駅まで歩く間」「電車で移動している時」など意識しやすい時間をプラスしていき、そのうちに「スーパーで買い物をしている間」「テレビを見ている時」など、少しずつ増やしていきましょう。下腹部を引っ込めると他にもいい事が付いてきます。
やってみた方は姿勢が自然と良くなる事に気付かれたでしょう。無理なく姿勢を良くでき、またそれにより背筋も鍛えられるのです。前かがみで猫背の時間が減ると肩こりが改善されるという利点もあります。

単純な事を意識するだけなのに、いい事づくしですよね。1点コツとしては、余計な力が入っていると疲れてしまい続けられなくなるので、下腹を意識したら呼吸をして胸から上の力は抜きましょう。
そうして意識する事が習慣になって来ると、少しずつインナーマッスルがついてどんどんその時間を無理なく増やす事ができるようになります。ストイックなダイエットとは違い即効性はありませんが、そのうちにぽっこりお腹がすっきりして来たと感じる人もいる事でしょう。

また、立ち仕事が多い方は仕事中でも気付いた時に意識すると上半身の体重を腹筋で支えられるようになっていくので、脚の疲れが軽減されむくみの改善も期待できます。

エスカレーターは使うべからず。

下腹部の丹田を意識すると、インナーマッスルが徐々に鍛えられ代謝が良くなり痩せやすい体に変わっていく事はおわかり頂けたかと思います。これこそが日常生活をエクササイズに変える方法なのです。

最初は短時間からでも自分がこの時ならできそうと思うポイントを決めて増やしていきましょう。
また、少しでも効果を得るためにはなるべくエスカレーターを使うのはやめましょう。ショッピングの際は仕方ないかもしれませんが通勤などの移動で駅のエスカレーターを使わずに階段にする事は簡単にできます。

そしてその時にもやはり丹田、下腹に力を入れて上り下りしてみてください。億劫なのに仕方なく階段を上るのと、これもエクササイズだと体を下腹部で引き上げて上るのとでは使う筋肉が違うので逆に楽に上れて驚きますよ。
実践するとわかりますがこうして階段を上るとお尻の筋肉も使います。つまり、ヒップアップ効果も望めるのです。
また、平坦な道を歩くよりも階段を上る方が太ももの筋肉をより使います。多少面倒でも階段を使う習慣をつけるとこの大きな筋肉が鍛えられるので、代謝を上げ全身の引き締め効果に繋がるのです。

まとめ

運動が苦手な人も、エクササイズが続かないと言う人も、普段の生活の中で下腹を引っ込めるだけ!これならできそうですよね。
そして、この方法の効果は意識する時間と比例するので、徐々に増やしていく事が重要です。いつの間にか「気付いたらいつも意識するようになっていた」となるのが楽しみですね。
他のダイエット法も併せてトライすると痩せる近道が切り開ける事でしょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る